スコッティキャメロンのグリップの種類と選び方

いつもHimawariをご覧頂きましてありがとうございます。

こちらの記事ではスコッティキャメロンのグリップの種類に関してご紹介をさせていただきます。

スコッティキャメロングリップの種類

スコッティキャメロンには多くのグリップの種類がございます。現在の主流・標準のタイプは「マタドールグリップ」となります。

マタドールグリップ

スコッティキャメロンマタドールグリップ
スコッティキャメロンマタドールグリップ

スコッティキャメロンで現在最も主流のタイプのグリップです。現在市販されております2018年モデルのパターに装着されているのがこちらのグリップとなります。表面の凹凸のある素材が吸着性を高め、よりグリップ力が高まります。

サイズは「スモールサイズ」「ミッドサイズ」「オーバーサイズ」の3種類がございます。カラーによってサイズ展開が異なります。

ピストレログリップ

スコッティキャメロンピストレログリップ
スコッティキャメロンピストレログリップ

スコッティキャメロンで使用されていた一世代前のグリップで、で2014年モデルの市販のパターに装着されていたグリップです。凹凸のない平面なグリップで、少し乾いた感じの、ゴムの感触に近いグリップです。手のひらが汗ばんでしまう方などにオススメです。サイズ展開はありませんが、数種類のカラー展開がございます。

ピストリーニグリップ

スコッティキャメロンピストリーニグリップ
スコッティキャメロンピストリーニグリップ

ピストレロタイプとほとんど同じグリップですが、グリップエンド(持ち手)の方が丸い形となっております。現在は廃番や生産量が限られていたりと、数に限りのあるグリップです。

デュアルバランスグリップ

スコッティキャメロンデュアルバランスグリップ
スコッティキャメロンデュアルバランスグリップ

通常のグリップよりも長い「ロンググリップ」となります。中尺タイプのパターにオススメで、カウンターバランス(振り子の原理)用にデザインされたグリップです。。材質はマタドールグリップと同じ材質が採用されており、表面の凹凸が手になじみグリップしやすいものとなっております。

サークルT(ツアーパター専用)グリップ

スコッティキャメサークルTグリップ
スコッティキャメロンサークルTグリップ

スコッティキャメロンにはツアーパター専用のグリップもございます。一般的には市販されているものではなく、スコッティキャメロンにてツアーパターに挿入されたものを丁寧にプルアウト(引き抜き)したものでございます。基本的にはグリップエンド(持ち手側)にサークルTのマーク(丸い円にTのマーク)があります。

グリップの選び方

グリップの選び方ですが、基本的には現在主流の「マタドールグリップ」もしくは「ピストレログリップ」をお選びいただくと無難です。また、お気に入りのグリップがある場合はそちらと同じ物、もしくは色違いを選んでいただくと違和感なくご使用いただけます。

サイズ展開のあるものは今ご使用のグリップの握り心地等を加味して、「少し太め」「少し細め」などでお選びください。

※サイズの比較は下記をご覧ください。

さいごに

スコッティキャメロンには過去にはたくさんのラインナップがありました。今では廃番になっているものや市場に出回っている量がごく僅かなレアグリップもございます。是非一度公式サイトでご確認くださいませ。